本名 周 星馳(チャウ・シンチー)
北京語発音 zhou1 xing1 chi2
広東語発音 jau1 sing1 chi4
英名 stephen /steven(スティーブン)chow
愛称 星仔(シンチャイ)、星爺(シンイェ)
生年月日 1962.6.22
血液型 AB型
星座 巨蟹座
出身地 香港(戸籍は上海)
身長 174cm位
体重 60kg位
家族 未婚・母・姉・妹二人
幼い頃の夢 カンフーの指導員・水泳の監視員・俳優
現在の夢 働き続け、進歩し続けること
尊敬する人 李小龍(ブルースリー)過去、ファンクラブの名誉会長を務めほど尊敬している
香港で一番好きな場所

セントラル(中環)

好きな食べ物 麺類・マンゴー・刺身etc
好きな日本の映画・監督 シコふんじゃった/ 周訪正行監督
(対談を自ら頼むほど好きみたいです)
香港を一言でたとえるなら  という問いに対して・・・
「エネルギッシュ!」との事
無厘頭
モウレイトウ
ナンセンス、訳のわからないことを言うという意味合いで周星馳の演技はそう呼ばれる
2008現在 −本人監督作品−
「長江七號」(cj7)上映予定

−プロディース作品−
「少林少女」
「龍珠」(ドラゴンボールZ)上映予定

−本人監督による次回作−
「西遊記」?
 
−経歴−
1962年 長男として香港で生まれる。 しかし幼い頃に両親が離婚、母子家庭で育つ。
1981年 学校卒業後、俳優になるため、近所で幼なじみ、歳も一緒でそして両親が離婚と、同じような境遇を持っていた仲良しの梁朝偉(トニー・レオン)を誘い、共にTVBの俳優養成所に入るため試験を受けるがトニーだけが受かりシンチーは落ちてしまう。しかし、もう一度試験を受け1992年に何とかTVBの夜間訓練班の第11期生に入る。
1983年子供番組の「430穿梭機(スペースシャトル)」で司会者に抜擢される。子供番組のお兄さんらしからぬ、子供を子供だと思わない容赦ない対応していたが、逆にその破天荒な司会ぶりがうけて4年間もこの番組を担当する。
1988年 初の映画出演「霹靂先鋒」で、いきなり台湾電影金馬奨の最優秀助演賞を受賞。
1989年 テレビドラマ「蓋世豪侠」での好演、その中で「坐低、飲杯茶、食個包!」という 流行語を生み出したりと一躍人気ものに
1990年 「賭聖」が、本家の「賭神」を超えて香港映画興行収入の記録を塗りかえるほどの大ヒット。このころからスターとしての人気を不動のものとする。
1991年「逃學威龍」、1992年「家有[喜喜]事」、初の古装片「審死官」と香港映画興行収入の記録を次々と塗りかえる。出演する映画はすべてヒットに!

1994年 「國産凌凌漆」で初の監督に挑戦。この頃から監督業にも本格的に携わる事に

1996年「星輝海外有限公司」を設立。新人発掘・育成にも力を入れるようになる。

2001年 自ら監督・主演の「少林足球」が今までの香港映画歴代興行収入1位を塗り替えるほど香港最大級の大ヒットに!。2002年6月、日本でも大ヒット!

2003年 SARS関連のチャリティで香港電影工作者總會全面協力のもと作られたショートショートフィルム集「1:99電影行動」の中の「香港必勝」で監督として参加

2005年「功夫」が幸運も日本の東京国際映画祭にて先行上映される。各国公開されるないなや大ヒット!ついには香港・大陸でも自ら「少林足球」持っていた歴代興行収入1位をまた塗り替えるほどの大ヒットを記録

2005年〜新作は意外にもSF映画を撮る事を発表。
「長江七號」(cj7)撮影開始。
★古い資料も参考にしておりますので若干異なる記述もあるかもしれません。/H20.01.05更新
間違い等がございましたらメールにてご連絡頂くと幸いです。
黒字はノミネート・ブルーは受賞したものです
1988 「霹靂先鋒」 第25回 台湾電影金馬獎
第8回 香港電影金像獎
最優秀助演賞
■最優秀助演新人賞・最優秀助演賞
1990 「賭聖」 第10回 香港電影金像獎 ■最優秀主演男優賞
1991 「逃學威龍」 第11回 香港電影金像獎 ■最優秀主演男優賞
1992 「審死官」 第12回 香港電影金像獎
第29回 台湾電影金馬獎
亞太影展
■最優秀主演男優賞
■最優秀主演男優賞
最優秀主演男優賞
1994 「國産凌凌漆」 第14回 香港電影金像獎 ■最優秀主演男優賞
1995 「西遊記大結局之仙履奇縁 第15回香港電影金像獎
第1回香港金紫荊獎
第2回 香港電影評論学会大奨
 最優秀主演男優賞
最優秀主演男優賞
最優秀主演男優賞
2001 「少林足球」 第21回 香港電影金像獎
第7回 金紫荊電影獎
■最優秀脚本賞
最優秀作品賞・最優秀監督賞・ 最優秀主演男優賞
最優秀青年監督賞
最優秀作品賞・最優秀監督賞
2005

「功夫」

第24回 香港電影金像獎
第10回 金紫荊電影獎
第42回 台湾電影金馬獎
最優秀作品賞・最優秀脚本賞
最優秀監督賞・ 最優秀主演男優賞
最優秀作品賞・最優秀監督賞・ 最優秀主演男優賞
最優秀作品賞・最優秀監督賞
     
 
Copyright 2004-2012 eri-chan All rights Reserved